明治神宮崇敬会加須支部の皆様の正式参拝を執り行いました

平成31年3月10日

去る3月10日、明治神宮崇敬会 埼玉県加須支部の皆様の正式参拝を執り行いました。

皆様は東日本大震災の沿岸部視察・慰問の中で大崎八幡宮へお立ち寄り頂きました。

修祓、祝詞奏上、御神楽「浦安の舞」奉奏、玉串拝礼と執り行った後は、当宮職員からの説明に耳を傾け、400年以上の歴史や、震災当時の状況、当宮の様子など熱心に心を寄せて下さいました。

また、埼玉県には権現造りの寺院「妻沼 聖天山 歓喜院」があり、権現造りという日本建築の歴史的移行に興味を示されていました。

皆様はその後、震災地慰問の為、宮城県沿岸部へ移動されました。

このように震災から8年が経ち各地でも災害が起きている中で、皆様がお心を寄せて下さいます事、感謝申し上げます。

御社殿内にて修祓、浦安の舞の奉奏
玉串拝礼は支部長以下4名の代表者に合わせて

総務課 小野目