仙台北ロータリークラブの発展祈願祭を執り行いました

平成30年7月4日

去る7月4日、仙台北ロータリークラブの皆様の発展祈願祭を執り行いました。

ロータリークラブとは、各企業の経営者のメンバーが、「自分の職業を通じて奉仕する事を主眼として組織されたクラブで、その実行にあたっては、常に企業倫理を重んじ、事故を制御しつつ人々との親睦を深めることを目的」としています。

奉仕活動を通し、地域貢献に努めるクラブの皆様に、大崎八幡大神様の御加護があります事、お祈り申し上げます。

仙台北ロータリークラブ会長 鈴木寿夫殿の玉串拝礼です

禰宜 小野目

雅楽のお稽古を行いました

平成30年7月4日

去る7月4日、雅楽の楽器「りゅうてき 」のお稽古を行いました。

龍笛講師は、主に東京でご活動されている「伶音舎」の宮丸直子先生をお招きしてのお稽古で、毎月お稽古をつけて頂いております。

当宮では雅楽器(龍笛・篳篥・笙等)を神職・仕女がそれぞれ担当し、祭典や挙式の際、奏上致しております。

来る8月12日「御鎮座記念祭 雅楽の夕べ」翌13日「東日本大震災復興祈念 雅楽の夕に、」では、普段なかなかご覧いただけない雅楽の演奏や神楽舞の奉奏がございます。

皆様のご参列、ご参加お待ちしております。

三管(龍笛・篳篥・笙)揃っての合奏をすることで、調和のとり方、音の強弱を感じることが出来ます。

偏に、大崎八幡大神様の御神威をお慰めできますよう、一同心を込めてのお稽古となりました。

禰宜 小野目

月首祭を斎行致しました

平成30年7月1日

去る7月1日、月首祭を斎行致しました。

気温が上昇し夏を感じさせる季節となってきました。この日は30℃を超える厳しい暑さの中、先月の月次祭に続き4月に入社した三浦仕女の初の祭典奉仕となりました。奉仕を終えた三浦仕女の感想をご紹介いたします。

日差しが強い中での参進の様子
御神楽 萬代の舞
以下、三浦仕女の感想です

7月1日の月首祭で初めて萬代の舞を奉仕させて頂きました。4月からお稽古で練習を積み重ねてきた萬代の舞でしたが、猛暑の中行った月次祭は最後まで舞いきれるかとても心配でした。また、一緒に舞う先輩と息を合わせる事が難しくまだまだ練習が必要だなと実感しました。今回の経験を生かし、次の祭典に向け日々の練習やお稽古に力を入れ頑張っていきたいと思います。

三浦 菜々子

(祭儀課 井上)