「文化財防火デー」消火訓練を行いました

平成30年1月26日

1月26日(金)「文化財防火デー」に伴い、消火訓練が行われました。

この訓練は昭和24年1月26日に法隆寺(奈良県)の金堂が炎上し、日本最古であった壁画が焼損した事をきっかけに、文化財を火災などの災害から守るとともに、文化財保護思想のより一層の強化徹底のため、昭和30年に文化庁と消防庁により「文化財防火デー」が定められ、毎年1月26日に全国一斉に行われる消防訓練です。

社殿西側の杉林にて火災が発生したと想定し第一発見者は祭儀棟・社務所に報告
氏子崇敬者の皆様もバケツリレーを行いました
119番通報、初期消火を行い、初期消火が失敗したという想定で参拝者を広場へ誘導いたしました。
二人一組になり、本殿から「御」を搬出
放水銃にて放水訓練を行いました。
放水銃にて放水訓練を行いました。

庶務課 近藤

歳旦祭

平成30年1月1日

当宮において一年の始め、最初に執り行われる祭典が「歳旦祭」です。

この歳旦祭は、新年を迎えたことをお祝いし、皇室の弥栄並びに国民・氏子崇敬者全ての人々の繁栄と農作物の豊作を、皇祖を始め天神地祇の全ての神様にお祈りする祭典です。

元日の午前8時から本殿にて行なわれた祭典では、宮司による祝詞奏上にて新年を迎えたことを御祝い申し上げ、採火の儀、巫女による「浦安の舞」が奉奏された後、宮司・祭員の玉串拝礼、役員総代の玉串拝礼が行われ、滞りなく厳粛に斎行されました。

また、祭典の中で行なわれた「採火の儀」は、1月14日に行なわれる松焚祭(どんと祭)のご神火となるもので、宮司の手により火打ち石を用いて鑽り出された火は「忌火」とも呼ばれ、松焚祭当日まで灯され続けます。

宮司による祝詞奏上 宮司により切り出された忌火
巫女による浦安の舞 宮司玉串拝礼

松焚祭斎行

平成30年1月14日

去る平成30年1月14日、午後4時から松焚祭を斎行致しました。

今年の天気は晴れ、最高気温4度、最低気温マイナス2度と降雪があった昨年に比べると過ごしやすい天気となり、約14万人という例年より多くの参拝者が訪れました。

祭典の流れとしましては定刻より宮司以下祭員と参列者が御社殿へ向かい御神火を受け取り松焚祭斎場へ参進。所定の座に到着後、修祓・宮司一拝・祝詞奏上を行い、斎場清祓としまして祭員が大麻と切麻を用いて高く積み上げられたお焚き上げの古神札を含め斎場全体を清めお祓いしました。続いて玉串拝礼・宮司一拝の後、点火の儀では宮司が忌火を用いて参列者が持つ松明に火を移し、参列者所定の位置で一斉に点火。火は瞬く間に燃え広がり、肌寒かった斎場を一瞬で暖めました。

この古神札をお焚き上げする「忌火」は自然鎮火されるまで関係者各位が見守り、今年は1月17日に雨が降ったため、例年より少し早いお収めとなりました。

勢いよく燃え上がる御神火

祭儀課 石垣仁孝

【お詫び】

今回の松焚祭記録写真に関しまして不手際により松焚祭神事中の撮影ができなかったことを深くお詫び申し上げます

大崎八幡宮 祭儀課一同

松焚祭裸参りがありました

平成30年1月14日

去る1月14日、松焚祭裸参りがありました。

この慣わしは、厳冬時に始まるお酒の仕込みをする杜氏が、無事においしいお酒が出来上がるようにと安全祈願の為、参拝をしたのが始まりとされています。さらには、仙台商人に伝播し、現在では個人を始め会社・病院・学校関係のお参りがあり信仰の広がりを見せています。また、醸造安全といった祈願だけではなく、市内各地より様々な方が家内安全といった祈願を胸に裸参りをされています。

江戸時代から変わらない白鉢巻、白さらしを巻くという出で立ちで、私語を謹み、粛々と御神火を目指して進みます。その姿に、手を合わせる参拝者も多くいらっしゃいました。


松焚祭は、正月最後の正月儀式となります。点火される御神火にあたると心身が清められ、一年間の無病息災・家内安全の加護を受けるという言い伝えがあります。

裸参りの人々のお参りが終わるころ、松焚祭の御神火と共に、仙台の正月は終わります。

 
裸参りの様子

今年は、124団体 3487名のお参りがありました。

裸参りをされた方々、お参りご苦労様でした。皆さまの今年一年の無病息災、ご多幸をご祈念申しあげます。

祭儀課 石井

元始祭が執り行われました

平成30年1月3日

元始祭とは、元始祭は皇位の元始、始源をお祝いする祭典で、合わせて全国各地の神社で行われております。起源は明治三年に神祇官八神殿に歴代の皇霊を御鎮祭したのに始まり、皇室祭祀のなかでも親祭とされ戦前までは祝祭日にも指定されておりました。

大崎八幡宮は、毎年1月3日を元始祭とし、役員総代の参列の元、皇室の弥栄と国運の隆昌を祈念し祭典を執り行います。

今年は、明治維新の近代日本の幕開けの宣言より、150年目の節目の年を迎えます。様々な事が起きたこの150年間でしたが、現代を生きる私達の基礎となった歴史を忘れてはいけません。

祭儀課 小野目

 
正月3が日の早朝、祭典は粛々と執り行われます
「浦安の舞」 玉串拝礼
うっすらと積もった雪により、御社殿の黒漆や金色の飾金具の美しさが一層際立ちます

星野仙一・元監督に哀悼の意を表します

平成30年1月15日

東北楽天イーグルス野球団 取締役副会長 星野仙一氏が1月4日早朝、ご逝去されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

平成23年の監督就任より、球団の恒例行事であったシーズン前の「必勝祈願」には球団関係者・指導陣・選手一同が、表参道大石段より参進し御社殿前に集合、「特大大絵馬」にその年の抱負をご揮毫頂いて居りました。

平成23年、星野仙一氏が監督就任直後に発生した「東日本大震災」では、沿岸部に甚大な被害がありましたが、翌平成24年春の開幕戦を前に「ともに前へ」とご揮毫頂き、田中将大投手を擁し「東北を熱く」しリーグ優勝、日本シリーズに進出、では「読売巨人軍」と対戦し、日本一の座を射止めた大監督でありました。

震災で被災した東北地域の沿岸部の被災者も「熱く燃え上がる」ことが出来ました。

 
平成23年度;監督就任初年 「夢」平成23年1月30日(キャンプインを前に参拝揮毫)
平成24年度;「ともに前へ」平成24年1月30日(キャンプインを前に参拝揮毫)
平成25年度;「信勝」平成25年3月26日(開幕第1戦を前に参拝揮毫)
平成26年度;「信忍」平成26年3月25日(開幕第1戦を前に参拝揮毫)

翌平成27年には、梨田監督にその座を譲られましたが、球団副会長として毎年ご参拝頂いておりました。

あらためて東北に、県内被災地域にお心を傾けて頂いた星野監督のご冥福をお祈り申し上げます。

大崎八幡宮 宮司 小野目 博昭