水無月の大祓式・厄除祈願大祭について(ご案内)

令和2年5月7日

例年6月30日には「無月なづき大祓おおはらえしき」を執り行い、7月1日には昨年より「厄除やくよけ祈願きがん大祭たいさい」を齋行しておりますが、本年は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、当日の祭典参列はご遠慮いただいております。

併せて直接社頭に祈願に訪れづらい方々のため郵送にての祈願受付も行っておりますので、HP上の「ご祈願ご案内」をご参照くださいますようお願いいたします。

「水無月の大祓式」は『拾遺和しゅういわ歌集かしゅう』にびと知らずで
 「無月なづきの しのはらえ する人は 千歳ちとせの命 のぶというなり」

うたわれておりますように、人が知らず知らずのうちに犯してしまう罪・穢れを半年ごとに祓い浄める、神話に起源を持ち平安時代から恒例として行われています日本の伝統行事であります。

大祓式の行事の後、かやで作ったを順序に従って三度くぐり抜け、無病息災を願う習わしです。

平成30年水無月の大祓式の様子

一方、7月1日の「厄除祈願大祭」は社殿前に設置された祈願串にご参拝された皆さまが願いを込めて書かれたものをお焚き上げすることで災いを祓って福を招く「攘災招じょうさいしょうふく」を中心として諸願成就を祈念する祭典神事でありまして、昨年令和の新しい御代を迎えたことにあたり、社殿前にて大々的に執り行われております。

令和元年厄除祈願大祭の様子

本年は新型コロナウィルスの一日も早い終息を願うとともに、国家安泰・世界平和を始め氏子崇敬者の皆さまの家内安全・身体堅固・無病息災ほか諸願の成就を祈念いたしまして斎行されます。

どちらの祭典も当日参列は出来ませんが、現在社殿前にて祭典日まで「大祓式」・「厄除け祈願大祭」両方の受付のご案内を設置しておりますのでご社頭にてご確認ください。

社殿前特設テントにて受付しております
テント内パネルにて申込み方法を説明しております
大祓式の神札とステッカー 厄除祈願大祭の神札と守護

厄除け祈願大祭について、祈願串ならびに神札・お守りのお申込みの仕方を写真入りで図解して説明しておりますパネルが特設テント内にありますのでそちらもご参照ください。

当宮におきましても毎朝御日祭にて新型コロナウィルスの鎮静祈願を執り行っておりますが、この度の感染症災害は一朝一夕には行かない辛苦を世界にもたらしています。

病める人が治り、悩める人が癒され、苦しむ人の苦が緩和されますように、まるで日本神話の天の岩戸開きのように常世の長鳴鳥が鳴いて太陽の光が訪れますように、平和な暮らしへの展開が訪れますことを願い、また時に神社境内において三密を避けた形で清々しい空気を味わって頂けましたら幸いでございます。

祭儀課 日野

表参道に茅の輪を奉製・設置致しました

令和2年6月1日

去る令和2年5月31日、表参道に茅の輪を設置いたしました。当宮は来たる6月30日に「水無月大祓式」がございます。その祭典準備の一環と致しまして先日かや刈りを行い、を奉製・設置を行いました。

茅の輪くぐりは疫病退散・無病息災を祈願するもので、茅の輪の歴史は神代まで遡り、備後国風土記の一部の記録を要約しますと、『素戔嗚尊すさのおのみことが旅の途中、一晩の宿を求めました。旅先には貧しい農民の蘇民将来(そみんしょうらい)が住んでいて、蘇民将来は素戔嗚尊を快くお泊めしました。その後幾年が過ぎ、素戔嗚尊は再び蘇民将来のもとを訪れました。そして「世界に悪疫が流行したときには、茅をもって輪を作り、それを腰につければ、悪疫から免れることができる。」』といった内容の記述があります(諸説あり)。この故実が茅の輪の起源であり、茅の輪をくぐる事で、自身の体に知らず知らずの間についた罪や穢れを祓い清める神事です。その故実に則り、今年の茅の輪には新型コロナウィルスの悪疫退散の祈願も込められております。

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言は解除されましたが、6月30日に執り行われる大祓式、7月1日の厄除祈願大祭の当日の祭典参列はご遠慮いただいております。事前のお申込みをされた方をはじめ、より多くの参拝者の方々に茅の輪くぐり、自祓(自分で自身の身を祓い清めること)をしていただきたく考えました。例年ですと、6月中旬より奉製・設置行っていたところを、今年は約1ヶ月早く設置いたしました。

①茅の輪を木枠にしっかりと固定します。 ②茅の輪横の笹も倒れないように結びます。
③茅の輪に紙垂を取り付けます。 ④竹を剪定しています。上から下まで念入りに加工していきます。

茅の輪は円の中を通り、左、右、左の順番で通りぬけます。この順番は神事の前に行う修祓において祭員、参列者等を祓う大麻おおぬさを振る順番に倣い同じ動きをします。

現在、茅の輪の横にはくぐり方を示した看板を配置しておりますので、ご参拝の際はぜひ参考になさってください。

(祭儀課 浪打)

令和2年6月1日「月首祭並びに本郷だるま屋 大だるま奉納奉告祭」を斎行致しました。

令和2年6月1日

去る令和2年6月1日、毎月恒例の月首祭と併せて、松川だるま奉納奉告祭を斎行致しました。先ず、大崎八幡宮の縁起だるまは、「松川だるま」とよばれ、天保年間(1830-1844)からのからの発祥と歴史は長く、仙台の庶民信仰の中で親しまれてきました。松川だるまは、願掛けをしながら片目を入れる「開眼」を行いません。豊かな海と空の大自然を表現したその青い体と大きく見開かれた目が特徴です。その眼は四方八方を睨み、魔を祓い、無病息災・家内安全を願う縁起物です。今回奉納された大だるまの胴の正面には水飛沫を上げながら進む宝船が、その左右には恵比寿様と大黒天様が描かれております。

現在松川だるまは宮城県指定の伝統工芸に選ばれ、大小さまざまな種類があり多くの方々に親しまれています。この度、特別大きな松川だるまの特別な大きさの大だるまが月首祭に併せて本郷だるま屋本郷久孝氏によって奉納されました。

①手のひらに乗る大きさから抱きかかえるほどの大きさまで、様々な種類があります。 ②月首祭が斎行されます。先ず祓所にて斎主、舞人を祓います。
③祓いの具である茅の輪をくぐり、参進します。 ④本郷だるま屋 本郷久孝氏ご夫妻も参列されました。だるまは仙台市青葉区川平の「本郷だるま屋」にて奉製されました。本郷だるま屋は仙台張子の創始者とされる松川豊之進氏に初代本郷久三郎氏が弟子入りし、江戸時代から受け継がれるその技術は現在10代目で本郷久孝氏が継承しています。
⑤祭典開始にあたり、一同、宮司一拝に合せます。 ⑥宮司が月首祭祝詞に加え、新型コロナウイルス終息祈願並びに松川だるま奉納奉告祭祝詞を御神前に奏上します。本郷久孝氏が願う、世界で蔓延する新型コロナウイルスの早期終息の旨を祝詞に添えて八幡大神様にご祈念申し上げました。
⑦大崎八幡宮 御神楽 萬代の舞 奉奏 ⑧ご夫婦がそろって玉串を奉り、拝礼頂きました。
⑨祭典終了後、奉納された松川だるまを囲んで記念撮影を行いました。 ⑩祭典終了後、濱床前にて記念撮影を行いました。
⑪大きな黒い瞳はあなたを見守り、禍事から守ります。

だるまは、社殿の極彩色のように青くきらびやかな見た目をしており、青色はかつて伊達政宗公をはじめ武将たちが好んだ色とされます。本郷夫妻は、八幡宮のきらびやかな社殿を想像しながら色を付け、ひとつひとつ、だるま達に命を吹き込んでおります。

月首祭は滞りなく斎行されました。奉納されました松川だるまは長床内に納められております。新型コロナウイルスの脅威が早期に終息しますよう、是非お参りください。

(祭儀課 浪打)

小学校へマスクの寄贈

令和2年6月1日

去る5月21日、氏子地域である仙台市立八幡小学校・国見小学校にマスク500枚を寄贈しました。

コロナウイルス感染防止の為に3月から休校を余儀なくされた小学校も、5月下旬の臨時登校を数回重ね、ようやく6月1日から登校が始まります。
 コロナウイルスの第2派・第3派に警戒しながら子供たちが健全な学校生活を送れますよう、皆様に八幡様の御加護がありますように。
http://www2.sendai-c.ed.jp/~hachiman/newhatiblokouchou/ (八幡小学校ブログ 校長室から)

総務課 小野目

八幡小学校校長室にて(左:責任役員 川上殿 中央:八幡宮禰宜 右:小石校長)