煤払式を執り行いました

令和5年12月13日


中の様子が見えないように几帳で社殿の正面を隠します

令和5年12月13日、煤払式を執り行いました。この行事は今年一年の御社殿の煤(埃、塵)を払う大掃除を隅から隅まで行い、清々しく次の年を迎える行事で、早朝より当宮職員総出で行われました。全国的に12月13日に行われることが多く、まもなく新年を迎えることから、併せて大掃除を行うことも多い年の瀬の行事で、テレビや新聞などでその様子が伝えられる年末の風物詩です。

今回は暖冬のおかげで比較的暖かい中での煤払式でしたが、日本列島で大発生しているカメムシにより、強烈な匂いとの闘いとなりました。

舞良戸の溝の隅まで丁寧に拭います 社殿の装飾品を全て移動して綺麗に掃除します

煤払いのことを、正月迎え、ことはじめ、ええことはじめ、まつならし等と呼ぶ地域もあり、掃除とともにお正月に年神さまをお迎えする、お正月準備のはじめとも言われています。この日に、正月飾りの松を山から切り出す松迎え行事などをする地域などもあります。煤払いが終わった晩には、煤払い祝いといって、煤払いもちや団子などを食べる風習もあるそうです。

近年、ご家庭では大掃除を年末に行うことが多くなりました。しかし、12月13日に、神棚だけでも煤払いをしてみてはいかがでしょうか。お正月に年神様を迎える気持ちが一段と高まり、清々しい新年を迎えることが出来ることでしょう。

祭儀課 浅香

地久祭を斎行致しました

令和5年12月09日


宮司 表参道を参進する祭員

令和5年12月9日午前10時より地久祭を斎行致しました。

地久祭とは皇后陛下の御誕生日をお祝いし、皇室の弥栄を祈る祭典でございます。天皇陛下の御誕生日を祝う祭典が「天長祭」と呼ばれるのに対し、皇后陛下の御誕生日を祝う祭典が地久祭と言われるのは、中国古典の『老子』に出典する「天長地久」という言葉に基づくものとなっているそうです。

「天長地久」は「天は長く、地は久し」と書き下し文にて読むことができ、その意味は「天は永遠に続き、地は悠久の時を経る」となります。この四字熟語のように我が国の永久に繁栄することを願うことからつけられた祭典の名称です。

皇室の伝統は、世界に比類なき万世一系にて受け継がれてきた宮中祭祀、すなわち神事による祈りによって絶え間なく継承されてきました。

今回の地久祭では、天皇皇后両陛下の永久の祈りを仰ぎ、我が国の平安と世界の共存共栄とをお祈りさせて頂きました。御神楽は浦安の舞が奉奏されました。浦安の舞は昭和天皇の御製にて作曲されたもので、日本全国各地の神社にて巫女舞の最高峰に位置付けられています。舞人の執り物である鈴は、平和を願う気持ちが込められている剣鈴と五穀豊穣を願う巻き立ての鈴の2種類があり、当宮では剣鈴を用いて舞の奉仕をしております。

檜扇には様々な模様が描かれています 剣鈴には陰陽五行説に基づいた5色の布が付いています。
遥拝所にて皇居を遥拝しました 当宮の遥拝所

来年2月23日には天皇陛下の御誕生日を祝う祭典である天長祭が斎行されます。皇室の益々の弥栄をご祈念申し上げます。

祭儀課 浅香

師走の月首祭・月次祭が斎行されました

令和5年12月01日


宮司 祝詞奏上の様子

令和5年12月1日午前10時より月首祭、12月15日午前10時より月次祭を御社殿にて斎行致しました。

月首・月次祭は、月ごとの決まった日に行われるお祭りで、神恩感謝と皇室の弥栄、国家の隆昌、氏子崇敬者の益々の繁栄を祈るお祭りで、小祭にあたります。当宮では、毎月1日の月首祭と八幡様の御縁日である15日に月次祭を斎行しております。

また、月首・月次祭では、月々に大神様の御加護を賜われますよう、月参りのお印として御幣束を御頒かちしております。御幣束は大神様への捧げものでもあり、御神霊の依代ともなるものでございます。

当宮の御幣束は、古来より伝わる「襲ね色目」を取り入れ、四季の移ろいを月毎の植物の色にて表現しております。当月は枯野を表す白色と黄色の御幣束でございます。

12月1日 月首祭の様子

木枯らしが吹く中、当宮世話人1名と氏子崇敬者2名、合計3名の参列を頂き、斎行されました。

萬代の舞では季節の花である梅を使用しました 参列者の玉串拝礼

12月15日 月次祭の様子

冷たい雨が降る中、当宮世話人1名と氏子崇敬者2名、合計3名の参列を頂き、令和5年祭後の月次祭が斎行されました。

雨の日は末社巡拝ではなく、長床からの遥拝となります 多種多様な神饌がお供えされました

月首・月次祭はどなたでもご参列頂けます。祭典斎行15分前までに御社殿右側にあります祭儀棟の祈願受付までお申し出下さい。朝の清々しさの中でご神前に参拝することで、ますます大神様のご加護をお受け頂ければと存じます。次回の月首祭は2月1日午前10時斎行の予定でございます。

今後の祭典予定といたしましては、1月1日午前3時より歳旦祭並びに松焚祭採火式、1月3日午前9時より元始祭、1月14日夕刻には松焚祭がございます。皆様のご参列を心よりお待ち致しております。

祭儀課 浅香