令和3年6月30日 水無月大祓式を執り行いました。

令和3年6月30日

去る6月30日、水無月大祓式を執り行いました。

大祓の起源は、素戔嗚尊が罪を犯し高天原を追放された故事によると言われています。また、毎年6月と12月に行われている大祓は、古くは災害疫病等の際にその都度行われていたもので、現在のように定期的に行われるようになったのは、大宝元(701)年からと伝えられています。

一年に二度、半年の節目で行われる大祓式は、知らず知らずのうちに身についた罪・穢れ・禍事などを自分自身でお祓いする儀式です。儀式では、皆様の穢れが移された形代(かたしろ)を唐櫃(からひつ)に納め、大祓詞を奏上し、神職の修祓により祓い清められました。
また、境内表参道には茅の輪を設置し、茅の輪をくぐる事でお祓いを受けられます。この茅の輪を目指し、多くの方もご参拝頂きました。

今回の大祓式においては、58名の方に御参列いただきました。特設いたしました斎場で大祓式を行った後、皆で茅の輪をくぐり、大前を参拝し、神酒拝戴・神札の授与を致しました。

皆様の穢れは祓い清められ、残り半年においても禍事に障ることなく、清々しく健やかに過ごされます事をお祈り申し上げます。

茅の輪をくぐり祓いを受けられる参拝者 唐櫃には形代が納められています
ご参列の皆様に、紙包を頒ちます 紙包には、麻紐・切麻・形代が入っています
神職による大祓詞宣読と、執り物による祓い
切麻で自信を祓います 神職による修祓(大麻・塩湯)
茅の輪をくぐり、八幡様の大前にて拝礼致します
神酒拝戴と神札を授与致しました

茅の輪は8月頃まで設置の予定でございます。ご参拝の際には、茅の輪くぐりにて半年分の罪穢れを祓い、我が国古来の信仰文化である「浄明正直」に立ち返り大前を詣でて頂ければと存じます。

祭儀課 浅香

令和3年6月1日「月首祭を斎行しました。」

令和3年6月1日

深緑萌ゆる八幡の杜にも初夏の日差しを感じる6月の1日、月首祭を斎行致しました。

日々の大神様のご加護に感謝し世界の安寧を祈念する月首祭は毎月1日に、また月次祭を毎月15日に斎行しております。
また今月より奉職となります新人仕女2名が参列しました。

足並みを揃え、社務所より参進します。
大前に月首祭並びに新型コロナウイルス鎮静祈願祝詞の奏上、その後、御神楽「萬代の舞」奉奏
新人仕女 小野寺殿 玉串拝礼 新人仕女 古田殿 玉串拝礼

以下、新人職員より一言ご挨拶申し上げます。

小野寺仕女
6月から奉職いたしました小野寺と申します。
早く奉務に慣れ、みなさまの役に立てるよう努力を重ねていきたいと思います。
至らない点もあるかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

古田仕女
6月からご奉仕させていただくことになりました古田と申します。
自己研鑽を怠らず、精一杯頑張ります。未熟者ですがどうぞよろしくお願いします。

新たな鳩子の仲間入りでございます。あたたかいご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。