境内末社の諏訪社例祭が斎行されました

令和3年7月26日

去る7月26日に当宮の境内末社の一つである諏訪社の例祭が斎行されました。

当宮の諏訪社は、江戸時代寛永期に信濃国一之宮諏訪大社より分祠されたものと伝えられています。

御祭神は建御名方神で水の守護神や生命の根源を司る神として知られています。また、剛力をもって知られた武神として、武田信玄をはじめとする甲信地方の戦国大名に篤く崇敬されていました。

当宮の諏訪社は奉祝天皇陛下御即位記念境内整備事業において、御社殿の造替が行われ、瑞気麗しい姿に変貌を遂げました。今回の例祭は、御社殿の造替を契機として当宮宮司の肝煎りで起案され斎行されました。

春日造の新社殿
斎主一拝 神饌は季節の野菜と果物があげられました
祝詞奏上 浦安の舞
玉串拝礼 参列者玉串拝礼

祭典中は晴天に恵まれ、参拝者の方の多くが足を止めて祭典を見学されており、参列者代表の当宮宮司に合わされましてご拝礼頂きました。今回の祭典では、当宮職員にて雅楽の奉仕をいたしました。神社の祭典では、古くより雅楽が用いられており、当宮においても祭典の雅楽奉仕を職員で行うため、日々稽古に励んでおります。

奥から楽太鼓・笙、篳篥、龍笛

当宮の境内末社は諏訪社の他に太元社、鹿島社、北辰社がお祀りされています。8月1日の午前11時からは太元社の例祭がございます。どなたでも参列できますので、ご興味のある方は是非、当宮までお問い合わせ頂ければと存じます。

祭儀課 浅香

兼務社愛宕神社例祭を斎行致しました

令和3年7月24日

令和3年7月24日、八幡1丁目(旧十二軒丁)に鎮座する愛宕神社の例祭が斎行されました。

愛宕神社は、十二軒丁親交会の方々の協力のもとお守りされております。ご由緒は、江戸時代にこの場所から大火が起き、仙台駅付近まで火事が広がってしまった事例から火防の神をお祀りする愛宕神社が創建されたと伝えられています。

例祭は、1年に1度必ず斎行される最も重要なお祭りで、祭神に縁ある日や神社にとって特にご縁のある日に行われます。本年もコロナウイルス感染症の影響で神輿渡御は中止となりましたが、感染対策をしつつ、昨年より多くの御参列を頂き祭典を無事斎行することができました。

愛宕神社の御社殿
例祭の祝詞は国民の平安を祈る言葉も奏上されています 仕女による浦安の舞の奉奏
また、本年6月吉日に黒瀬アヤメ殿の寄贈による鳥居の塗装工事がありました。綺麗に塗り直しが行われ、境内の印象も明るくなったように感じられます。真新しい朱の鳥居の下にて記念撮影を行いました。 地域の方々との繋がりを今後とも大切にし、末長いお宮の護持に努めて参る所存です。

祭儀課 浅香

令和3年7月15日「月次祭斎行」

令和3年7月15日

去る令和3年7月15日午前10時、月次祭を斎行致しました。梅雨の季節には珍しく太陽がたまに顔を出す蒸し暑い天候の中、表参道に飾られた七夕飾りの間を祭員が参進しました。祓所にて修祓を終えた後、茅の輪をくぐって社殿へと向かいます。(写真①②)

本日の「萬代よろずよまい」では6月に入社した小野寺仕女が一ヵ月間の猛練習を経て初奉仕となりました。緊張しているようでしたが先輩仕女と息の合った舞で奉仕できたようです。(写真③)
参進経路である長床前には現在七夕の笹竹を設置して参拝者の皆様に短冊をお配りしており、8月7日の七夕祈願祭まで設置しておりました。コロナ禍ではございますが、ご参拝の際は願い事を笹に吊るしてみてはいかがでしょうか。(写真④)
祭典後は社務所前にて恒例となっております新人舞初奉仕の記念撮影を行いました。これから気温が上がっていく季節となりますが、各自水分補給をしっかりして神明奉仕に務めて参りたい所存です。(写真⑤)

【小野寺仕女舞人初奉仕感想】
宮田先生と先輩方から熱心にご指導いただいたおかげで、月次祭で無事に舞奉仕をすることができました。初めての舞奉仕で緊張しましたが、いままでの練習の成果を発揮できたと思っています。今回の舞の改善点を振り返り、次の舞奉仕に向けて練習を重ねて参りたいと思います。

① 7月上旬より色とりどりの七夕飾りを設置しております ② 多くの方に茅の輪くぐりを行っていただく為、8月5日頃まで設置しております
③ 猛練習の成果が出ていました ④ 7月上旬より境内各所に七夕の笹竹を設置しております
⑤ 祭典後に社務所前にて記念撮影

奉賛課 石垣

令和3年7月11日 「ボーイスカウト合同隊集会」

令和3年7月11日

去る令和3年7月11日、当宮所属の日本ボーイスカウト仙台第27団(以下BS27団)と令和2年4月に発団したばかりの日本ボーイスカウト仙台第2団(以下BS2団)による合同隊集会が大崎八幡宮広場にて開催されました。

今回の集会は「神様を敬い、自分への責任を認識させ、体験を通して学ばせる」を目標とし、「大崎八幡宮の境内絵地図を作成する」活動の為、BS27団が所属する当宮の境内での合同開催となりました。開会式の前にはコロナウィルス感染症対策として手指の消毒と検温を大人から小さい子供まで参加者全員が行いました。(写真①)

午前10時より開会式にて、国旗儀礼・各隊長の挨拶・参拝作法の確認・神社参拝が行われ、皆で各隊の隊長から活動の説明を聞き、参拝作法の「二拝二拍手一拝」を神職に教えてもらい、社殿前に整列して八幡様に今日の活動が無事に終わりますようお願いしました。(写真②③④)

参拝後はそれぞれ「絵地図作成班」と「七夕短冊作成班」に分かれて活動しました。現在当宮では8月7日の七夕祈願祭に向けて境内に笹竹と七夕飾りを設置し、参拝者の方々に短冊を結んでいただいておりました。そこで今回の活動の思い出になるよう子供達にも願い事を書いて結んでもらう運びとなり、保護者の方や神職に手伝ってもらいながら思い思いの短冊を皆で結びました。(写真⑤⑥)

絵地図作成では最初に自分の歩幅が何cmなのかを測るところから始まり、10メートルのメジャーが敷かれた地面を皆で実際に歩き、「1000cm÷歩数=歩測数」を計算してから境内を実測しました。実測後は模造紙に境内の図を丁寧に描き、皆の前で発表しました。残念ながら時間が少し足りなかったようで、各自持ち帰って後日完成させるそうです。(写真⑦⑧⑨)

閉会式ではBS経験者でもありBS27団の育成会会長も務める小野目宮司より「今後も合同での活動を積極的に行っていきたい」と挨拶があり、各隊員と交流しました。閉会式後は保護者の皆様が用意した錦糸卵で天の川、グリンピースで星を表現したそうめんを皆で美味しく頂きました。(写真⑩⑪)

BS27団の隊員からは「コロナウィルス感染症の影響で昨年から活動の自粛を余儀なくされる状況が続いておりましたが、本日の合同活動では皆さんと共に協力して少しずつ活動を再開できることを再確認できた有意義な一日でした」との感想がありました。今後も活動を通して子供達の成長に大きく貢献できるよう、当宮も全面的に協力していく所存です。

① 一人ひとり検温を行いました ② 綺麗に整列して活動の説明を受けました
③ 参拝作法をご説明しました ④ 社殿前にて全員で参拝しました
⑤ 七夕短冊を皆で書きました ⑥ 子供達が安全に結べるよう特別に竹を下げてもらいました
⑦ 自分の歩幅を測りました ⑧ 歩測を使って境内を計測しました
⑨ 皆で模造紙に歩測の結果を書いて発表しました ⑩ 小野目宮司よりご挨拶いただきました
⑪ 美味しいそうめんを皆で頂きました

奉賛課 石垣

令和3年7月1日「厄除祈願大祭並に祈願串焼納祭が斎行されました。」

令和3年7月1日

去る令和3年7月1日午後3時より、社殿前にて厄除祈願大祭並に祈願串焼納祭が斎行されました。

当宮では、令和の年を迎えてより「厄除祈願大祭」として厄除け、災難除けの他、あらゆる災いを祓い福を招く「攘災招福」すなわち皆様方の家内安全・無病息災を祈願し、ひいては国家安寧と世界平和を祈念申し上げる祈願祭を斎行しております。

宮司祝詞奏上 玉串拝礼

また、祭典に於いて、前もって御社頭や郵送で皆様方より諸々の祈願を込めて書かれました祈願串を炉にくべて御焼納申し上げ、令和3年の残された月日が皆様にとって幸多かれと焼納祭を併せて執り行っています。

大祓詞を奏上しつつ、祈願串を焼納

焼納祭では、御参列の方に祈願串を手ずから御焼納して頂きました。その後、事前にお申込みいただいた方には御神札や守護などをお頒ち致しました。また、郵送でのお申込みの方には、御神札や守護を郵送させて頂きました。

参列者祈願串焼納 神酒拝戴・神符守札授与

祈願串の奉納は常時承っております。御社殿前に祈願串記入台と炉を設けておりますので、皆さまの心願成就の選択肢の一つとなりますと幸いです。

祭儀課 浅香