令和3年新嘗祭が斎行されました

令和3年11月23日

沢山の奉献品に彩られた外拝殿前

令和3年11月23日午前10時より新嘗祭が斎行されました。

11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前までは宮中で行われる「新嘗祭」という重要な儀式を国民が共に祝う日でした。新嘗祭は現在も23日の深夜から24日未明にかけ皇居の神嘉殿にて行われています。天皇陛下御自身がその年にとれた農作物を天照大御神をはじめとする神々にお供えされるそうです。新嘗祭は宮中だけでなく全国の神社でも斎行されます。

当宮においても氏子崇敬者の皆様から多くの奉献品を頂戴し、社殿前にお供えさせて頂きました。たくさんの御奉献、職員一同深謝申し上げます。

令和3年新嘗祭奉献者一覧(五十音順)

(株)阿部和工務店殿 アルソア化粧品ルフラン殿 (株)一ノ蔵殿
今井 貴殿 (資)内ケ崎酒造店殿 大江 章夫殿
大江田 正春殿 オーガニックファーム仙台 角田洋平殿 (有)大國物流殿
太田 みよの殿 小野 紘一殿 小野 ふみ子殿
(資)亀兵商店殿 (株)耕殿 (有)木匠殿
(株)北商殿 木村 知敬殿 黒川神社殿
弘栄設備工業(株)殿 近藤 喜一殿 今野 美穂子殿
(株)佐浦殿 (有)佐藤商店殿 (株)塩浜工業殿
篠田 雅男殿 菅田 重利殿 大和蔵酒造(株)殿
(学)角川学園殿 萩野酒造(株)殿 福原 仙授殿
(株)ホクエツ宮城仙台営業所殿 丸福(株)殿 (有)三重電興社殿
御前神社殿 嶺岸 栄子殿 宮城県農業高等学校殿
宮城 康国殿 門間 貞治殿 谷津田 智之殿

今回の祭典は大祭という区分にあたるお祭りのため、祭員は衣冠・正服、御神楽を舞う仕女は浦安の舞の本装束を身に付けてのご奉仕となりました。

色とりどりの装束を身にまとい参進する祭員 浦安の舞の本装束は十二単や衵装束を参考に作られました。

また、本年も境内にて稲作を行い、大崎八幡宮産の稲を荒稲として神饌としてお供えすることができました。境内産の稲穂は奉献者の方々への撤下品の御幣にも付けられました。

大崎八幡宮産の稲で作った荒稲 新嘗祭木札と御幣

そして、役員・総代8名と奉献者2名の計10名が御参列下さり、玉串拝礼と末社巡拝をして頂きました。

祭典終了後、参列の皆様と祭員にて記念写真を撮影致しました。

令和3年も残りわずかとなり大崎八幡宮でも新年を迎える準備が着々と進められています。八幡様をはじめとする八百万の神様への感謝を常に持ち、氏子崇敬者の皆様との懸け橋になれますよう神明奉仕に励んで参りたいと存じます。

祭儀課 浅香

月次祭並びに七五三祈請祭を斎行致しました

令和3年11月15日

祭員は狩衣、仕女は千早を身に付けてのご奉仕です。

令和3年11月15日午前10時より、月次祭並びに七五三祈請祭を斎行致しました。この度の月次祭では七五三祈請祭を併せて執り行い、11月15日の佳日に七五三の節目を迎えられたお子様のお慶びを大神様にご奉告申し上げ、ご加護を頂き健やかにご成長されます事を祈念しました。

また、11月7日に立冬を迎え暦の上では冬となりましたので、今回の祭典より祭員の装束が冬物になりました。それに合わせ、仕女の天冠の挿頭と執り物が梅の花となっております。

梅の花を用いての御神楽「萬代の舞」

二組のご家族の御参列があり、玉串拝礼をして頂きました。ご家族での特別な時間となったことだと思います。

祭典終了後、七五三詣のお子様方に祝袋をお渡しし、記念撮影を行いました。

七五三という我が国独自の人生儀礼を継承伝播する担い手として、また、大切なひと時の思い出の場所として在れるようにして参る所存です。

本年七五三を迎えられました皆様が幸く真幸くあるようお祈り申し上げます。

祭儀課 浅香

明治祭を斎行致しました

令和3年11月3日

令和3年11月3日、明治祭を斎行致しました。明治祭は我が国を近代国家として発展せしめられた明治天皇の聖徳大業を景仰し、皇威の隆昌と国運の発展とを祈り、明治維新の大精神を振作して民族の自覚を新たにし、ますます文化を進め産業を興し、永遠の平和繁栄を冀う祭典でございます。

明治天皇は嘉永5(1852)年第121代孝明天皇の第二皇子として京都にお生まれになられ、御齢16歳で第122代天皇に即位されました。大変学問を好み、一生を通じて熱心に講学に励まれたと伝えられております。また、立派な御体格でも知られ、御仁徳高く博愛の心に富まれ、明治維新という大業を成し遂げられました。そして、その御生涯で詠まれた御製(和歌)は実に9万3千首に及びます。

手水をする際は装束が濡れないように袖をとります。 祓主は自祓いをします

祭典は社務所にて手水を行い、祓主・大麻所役・塩湯所役の3名の祭員は事前にお祓いを行ってから祓所に向かいます。

明治祭は中祭という皇室国家に縁ある祭典に区分されるため、祭員は斎服という装束を着用してご奉仕致します。男性の神職は白絹で作られた白い衣冠を着用します。衣冠は平安時代の貴族の装束で、多種多様な色目のものを着ていたと伝えられていますが、白い衣冠に関しては神職の神事専用とされています。それに対し、女性の神職は、宮内庁でご奉仕をしている内掌典の方の装束を参考とし作られた装束を着用しております。こちらも白絹で織られた生地のものです。

神饌は米、酒、餅、魚、海菜、野菜、果物、菓子・塩・水の計8台お供えされました。当宮では中祭にてお米をお供えする場合、一度水にて研いだ洗米を用いております。また、旬の果物として西洋ナシとリンゴも神前に上げられました。

漆塗の三方に乗せて伝供します。

今回の御神楽は浦安の舞が奉奏されました。当宮では宮田まゆみ氏を招聘し、舞や雅楽のお稽古をつけて頂き、日々研鑽を積んでおります。

祭典終了後、長床前の遥拝所にて、明治天皇の御陵である京都の伏見桃山陵を遥拝しました。
令和3年も残りわずかとなってまいりました。どんぐりや紅葉に彩られた境内に是非足をお運び頂き、八幡様とのご縁を結ばれてはいかがでしょうか。

祭儀課 浅香

令和3年11月1日 月首祭斎行

令和3年11月1日

去る11月1日、霜月月首祭を斎行致しました。

月が替わりましたので月参りのお印としてお頒かちしておりますご幣束の組み合わせが変わります。霜月の御幣束は秋の紅葉を模した黄紅葉(黄色・赤色)となっており、境内の木々が色づく様子を感じることができます。

月ごとに月参り幣束の色の組み合わせは異なります。
賽銭箱横に御案内の用意がございますので、ご来社の際は是非ご覧ください。
境内各所にて秋の訪れを感じることができます。
写真はそれぞれ表参道手水舎前、休憩所横となっております。
写真は夏の装束です。次回月次祭より冬の装束となります。

また、今月7日の立冬を境目としまして宮司以下祭員は冬の装束へと衣替えを致します。季節に合わせて八幡宮は様々な部分が変化致します。その変化を今後とも鳩子の部屋を通してご覧いただければと存じます。

祭儀課 浪打